チェック方法を試そう

女性

今までと見え方が違う

老眼は若年層でもじわじわと広がってきており、今の時代、小学生でもスマホの使い過ぎで症状が引き起こされていると言われています。しかし、気づいた時には既に進行している状態です。自身が老眼かどうかいち早く知りたい人は、症状について学んでおくといいでしょう。また、ネット上には老眼のチェック方法サイトなどがあります。このようなサイトを参考にしてチェックしてみるのもいいかもしれません。一番分かりやすい症状は、これまでと見え方が違ってくることです。例えば、読書をしている時に文字が見えにくいと感じることがあります。近視が進んだのかと思う人もいることでしょう。ところが、老眼の場合は本を遠くに話さないと見えなくなってしまうのです。近視なら逆に本を近づけないことには読みにくく感じることでしょう。これが近視と老眼の違いになります。新聞を読んでいる時もそうです。遠くに離さないと見えないようなら、老眼の症状だと認識しておくといいかもしれません。もちろん老眼鏡をかければ普通の距離で読めるようになります。ただし、老眼鏡といっても程度はいろいろあるので、適当に選んではいけません。きちんと眼科で視力検査をして適切な度数のものを選びましょう。歳を取るとどんどん度数が進んできます。その都度、変えていくことがポイントです。また、元々近視の人は近視用眼鏡を外さないと文字が読みにくくなることがあります。今までとは逆です。このような症状を覚えておくと老眼かどうか分かりやすくて便利です。

Copyright© 2018 老眼の症状を知って予防しよう【早めに眼科を受診】 All Rights Reserved.