眼の老化現象

メガネ

食生活で改善と予防

老眼は眼の老化現象と言われます。記憶力、聴力、筋力など、加齢と共に生理機能が失われるのと同様で、眼は「見にくさ」となって症状が現れます。主な老眼の症状は、近くの物や新聞の文字などの細かな文字が見にくい、遠くは見やすいが、近くの物が見にくい、ピントが合うのに時間がかかる、細かい文字などを見ると頭痛や肩こりの症状が出る、物を見るのに目を細めたり眉間に力が入るなどのの様な症状が複数出た場合には老眼である確率が高いと言われており、症状を改善させる為にも一度眼科で診てもらう事も大切です。老眼は老化現象の一つと言われ、高齢者に多い症状です。しかし、近年スマホやパソコン、テレビゲームの普及により若くして老眼の症状を発症する方が増えている現実があります。スマホやパソコンの普及は眼の酷使と言う悪影響を生んでいます。悪影響は長時間に及ぶスマホやパソコンの利用と、使う際の画面との距離が原因で生まれます。長時間スマホの小さな文字を見続ける事は眼を酷使している状態であり、眼精疲労の原因となります。また、常に近くばかりを見ている事も眼には悪影響を与えています。老眼の症状が出たら食事で改善する事も大切です。特にビタミン類の多くには老眼の症状を改善、予防する栄養素が含まれています。ビタミンを含む食材は特別な物では無く、日頃から食卓に並ぶ食材から摂取する事が可能です。出来るだけ多くの食材で、バランス良い食事を心掛ける事は老眼の改善に効果を発揮します。従って、老眼は予防したり、症状の進行を止めたりする事も可能と考えられます。

Copyright© 2018 老眼の症状を知って予防しよう【早めに眼科を受診】 All Rights Reserved.