身近な眼の病気

メガネ

遠視との違い

日本眼科医会によれば、老眼とは、40代で始まる眼の老化であり、近くの細かい字が見えにくくなったり、近くから遠くへ、遠くから近くへといったピントを合わせることが難しくなってくるといった症状が特徴とされている。原因としては眼の中の水晶体の厚さが、毛様体小帯という水晶体を吊り下げている線維が加齢によって緩んでくるため調整できにくくなり、それによってピントを合わせることができなくなるとされている。ただし老眼は加齢による生理現象のため予防することは難しく、老眼鏡で矯正することが一般的な対処方法とされている。老眼を正しく理解し対処することは二時的な眼を原因とした症状に対して非常に大事なことである。老眼を放置すれば眼精疲労が強くなり、眼や頭に不調をきたすほか、肩こりや食欲不振などの症状を引き起こすことも考えられる。だが遠視と老眼という症状が混合しやすいこともあるため、その違いの理解は必要と考える。遠視というのは網膜の後方でピントが会うという屈折異常であり、遠くのものについては調節力が足りているため見えるが、近いところでは調節力が足りないため見えにくくなる状態である。一方で老眼とは前述したような症状が特徴のため、これらの症状の違いを正しく理解し、40歳以降、老眼が出現しやすい年齢になれば、眼科専門医へ相談、受診し、適切な検査や診断を受けて眼の健康を守っていくことが、老眼という一見重大な健康障害ではナイト思われがちな眼の障害に対する適切な取り組みと思われる。

Copyright© 2018 老眼の症状を知って予防しよう【早めに眼科を受診】 All Rights Reserved.