加齢で近くが見えない理由

メガネ

遠くが見えないことも

40代になると眼の老化がはじまり、主に手元が見えにくくなる症状が出現してきます。その症状は一般的には60代くらいまで進んで、その後は症状は安定してくることになります。この眼の老化のことを老眼といいますが、老眼の症状は手元が見えにくくなるだけでなく、遠くも見えにくくなったり、視野が暗くなってきたりもします。老眼になる理由は一言で言うと眼の老化現象なのですが、歳をとってくると体の筋肉が衰えてくるように眼のピントを合わせるために使う筋肉の毛様体筋が衰えてくることが主な原因です。ピントを合わせるために毛様体筋が働いて水晶体を厚くしたり、薄くしたりしますが、毛様体筋がうまく動かなくなるとピントを合わせることができなくなります。近くを見る時には毛様体筋が緊張して水晶体を厚くしてピントを合わせるようにするのですが、毛様体筋の力が弱いため十分に水晶体を厚くすることができなくなってしまうので近くが見にくくなります。一方、遠くを見る時には毛様体筋は弛緩するので近くと違ってピントがあいやすくなります。このような理由で老眼は遠くよりも近くの方が見えにくくなるのです。老眼の症状では遠くも見えにくくなることがあります。これは水晶体そのものの弾力が若い時よりも失われていることが原因です。遠くを見る時には毛様体筋の力は必要としないのですが、水晶体が硬くなっていることで充分に薄くなることができないため、遠くも見えにくくなってしまうのです。

Copyright© 2018 老眼の症状を知って予防しよう【早めに眼科を受診】 All Rights Reserved.