メガネ

眼の老化現象

加齢と共に誰でも老眼になると考えられます。しかし、老眼は老化現象の一つであり、病気ではありません。従って、生活環境の改善や食生活に注意する事により、老眼を予防したり、症状の進行を止めたり、遅らせたりする事も可能となるのです。

詳しく見る

メガネ

加齢で近くが見えない理由

老眼で近くが見えにくくなる主な理由は毛様体筋が衰えて、水晶体を充分に厚くすることができないことです。また遠くが見えにくくなる症状もありますが、水晶体そのものの弾力が失われてしまい、水晶体が薄くならないことから発生しています。

詳しく見る

女性

眼の老化を予防する

老眼はピントをあわせるための筋肉の毛様体筋が衰えることによって発生します。老眼の症状をこれ以上すすめなかったり、発生を送らせるには眼のスクワットをすることです。それは遠くと近くを見ることを交互に行うようにします。

詳しく見る

メガネ

身近な眼の病気

老眼とは40歳以降から始まるピント調節障害であり、しばしば遠視と混合されがちである。身近で誰にでも起こる眼の障害ではあるものの、遠視との症状と混合することも多く、適切な理解と対処が必要であり、症状に応じて早期から眼科専門医へ相談し対応していくことが重要である。

詳しく見る

女性

チェック方法を試そう

老眼になったかどうかチェックする方法があります。それは今までと見え方が異なることです。症状としては本や新聞を遠くに離さないと文字が見えにくくなることが挙げられます。このようになった場合、眼科で検査を受けましょう。

詳しく見る

眼科を受診して下さい

男女

体の不調の原因になります

老眼は近くの物や文字が見えにくいなどの症状が見られますが、40代以降の年齢になると近視の人にも見られるようになります。眼鏡を掛けている人は外すと文字が読みやすくなったり、少し話すと見やすくなる傾向があります。気になる老眼の症状が見られたら、早めに眼科を受診して視力検査や精密検査を受けて下さい。現代はパソコンやスマホの普及で目を酷使している人が増えており、水晶体のピント調節機能が低下して、夕方や夜間になると若い年代の人も老眼のような症状が見られることがあります。眼科を受診すると老眼鏡だけでなく、コンタクトレンズの処方もしてくれるので、一度相談をすると良いでしょう。老眼の症状が出ているのに放置をすると、頭痛や肩こり、首の痛み、眼精疲労などの原因になります。自分の度数に合わせた老眼鏡やコンタクトレンズを使用することで、眼精疲労や体の不調を軽減できます。40代、50代と年齢を重ねると誰でも老眼の症状が出てくるので、優れた抗酸化作用のあるアントシアンやルテインなどが含まれている、サプリメントの服用をお勧めしたいです。普段の生活では近くの物や文字を見る時は老眼鏡を使用したり、タブレットやパソコンの使用を控えて目を休ませることが大事です。眼科のクリニックを受診すると信頼できる医師が在籍をしているので、安心して通院ができます。子供や20代、30代の若い人にも見られるので、医師の診察を受けることが大事です。

Copyright© 2018 老眼の症状を知って予防しよう【早めに眼科を受診】 All Rights Reserved.